2020.1 台湾旅行㊸の1

年が明けて正月早々,2泊3日で台湾旅行に行ってきました。この旅行は,前回12月に弾丸1泊旅をすると決めるよりも前から決まっていました。

そして,この旅行では,初台湾の20代男子2名と一緒に行く,という珍しいパターンでした。

初日,午前10時前に羽田空港に集合し,3人でエバー航空のカウンターに向かいました。私がスターアライアンスゴールドということでビジネスクラスカウンターでチェックインしたところ,軽いトラブルが。

私以外の2名が姓と名を逆に入力していたらしいんです(笑)申し込んだ彼は動揺しまくりでしたが,カウンターのおねえさんは,笑顔ながらも,本当はダメなんです。次回からはお気をつけください,と繰り返しながら,修正の手続をしてくれました。

そして,私はCちゃんから頼まれたゴルフバッグを預けました。当然,あとの2人からは何なのかという視線を向けられましたが,なかよしの台湾人女性から,日本国内の友人のところに預けてあるゴルフバッグを台湾まで持ってきてほしいと頼まれたのだ,と簡単に説明しておきました。

その後保安検査場と出国手続はスムーズに行き,ANAのスイートラウンジに向かいました。今回同行した2人は,海外旅行や海外留学の経験はあるものの,ラウンジというものを知らないとのことだった(そういう私も何年か前まで知らなかったのですが)ので,お連れすることにしました。ダイヤモンドメンバーの私と同行者は無料,同行者2人目は5000マイル必要です。5000マイルは痛いのですが,喜んでいただけると判断して3人で入りました。

正月だったせいか,まあまあ人が入っていましたが,私たち3人は,食事しやすいテーブル席に陣取りました。1杯目のドリンクは注文を取っていただけますが,私は即答でシャンパン,あとの2人はメニューもらってさんざん悩んだ末,シャンパンにしていました。私以外はあまりお酒に強くないのでソフトドリンクにするのかなと思いましたが,雰囲気に流されたようです^^

その後,彼らはスイートラウンジ内の食べ放題飲み放題を堪能していました。回数を重ねると少し変化がほしいと感じる食事内容ではありますが,やはり初めて来て,食べ放題ってうれしいものですよね。注文するメニューからもパスタその他を頼み,超満腹状態になったようです。

そんなスイートラウンジで2時間近い時間を過ごしたのですが,あっという間でした。やはり1人で過ごす場合とは時間の経ちかたが違うような気がします。

その後,搭乗口に向かい,3人で機内に乗り込みました。


台湾旅行ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です