伊丹空港

鹿児島空港から伊丹空港に向かいました。

そして、その便はおそらく初めてのプロペラ機。

揺れ方が全然違って、びびりの私は怖かったです。

そして、伊丹空港ではお好み焼きをいただきました。

安くておいしいものに出会うには空港から出ないといけないのでしようけれど、まずまずおいしくいただきました。


台湾ランキング

鹿児島空港

しばらく海外旅行に行けないということで、とある日、羽田空港から飛び立ち、鹿児島空港に降り立ちました。

せっかくなので鹿児島名物を食べたいと思いましたが、残念なことにひどい二日酔い💧

しばらく空港のベンチで休んだのち、軽めのものということで、鶏飯をいただきました。

運ばれてくるまで、出汁が入っているものだと気づいておらず、見てびっくりしましたが、優しい味で、二日酔いの身体でも完食できました。

おいしかったです。

ここから、羽田に帰らず、次の空港に向かいます。


台湾ランキング

最近の状況

新型コロナの感染者数、少しずつ減っているようですけれど、劇的には減ってくれませんね。

今日は、久しぶりに東京で200人越え。もう、ある程度共存するしかないとわかっていても、数が増えるのは嫌なものです。

これを最初にまき散らした国に責任を取ってもらいたい、というのが正直なところです。

それに引き換え、台湾は、海外からの帰国者を除き、ずっと新規感染者がゼロ。日本がゼロになってくれれば行けるのに、今の日本の状況ではとても行けません。

士林夜市や、その他観光地は、閉店や倒産した店も多いと聞きます。

ホテルも経営が厳しく、将来の宿泊割引券を買ってくれと過去の宿泊者に連絡したり、大変なようです。

そうこうしている間に、もう9月。

今年、海外旅行に行くのは難しそうですね・・・

ところで先日、台湾中国語の検定試験を受けてきました。TOCFLっていうものです。

ヒアリングが難しくて、一番下のレベルも不合格かなと思いますけれど、次回台湾に行けたときに少しでも話せたり、聞き取れたりできるように、努力したいです。

落ちたら、また受けるつもりで、最近は、毎日、YouTubeで台湾中国語のチャンネルを見ています。

全く聞き取れませんけどね(涙)


台湾ランキング

初のJAL国内線ファーストクラス

初めてJAL国内線ファーストクラスに乗ってみました。

羽田⇔那覇往復ですが、時期が時期だけに、那覇での滞在時間は1時間。

朝、羽田で乗り込んだときに、CAさんがあいさつに来られて、「お帰りもご一緒させていただきます!」と笑顔で言われ、とても恥ずかしかったです・・・

都知事選とコロナウイルス

本日、東京都知事選がありました。そして、午後8時の開票開始の瞬間に、小池都知事の当選確実が出ました。

まあ、予想通りですね。

コロナウイルス対策については、いろいろな批判もあり、私もすべてが完璧と思うわけではありませんが、彼女に代わってよりよい都政を行いそうな方も見当たりません。

政治的には特に支持政党もない私ですが、決まった以上は、がんばってほしいものです。

ところで問題は、今日で東京の新規感染者数が4日連続で100人を超えたことです。台湾に行けない私は、沖縄往復をくりかえしていますが、このままでは沖縄の方から再びコロナウイルス扱いを受けることになってしまいそうです。

また、このままの感染者数であれば、海外旅行に行ける日もどんどん遠ざかります。

台湾の感染者数が、ずっとゼロなのに、この状況ははがゆいばかりですね・・・。


台湾ランキング

汐留の台湾料理屋さん

いろいろな制限が解除された後のとある日,おっさんばかり6人で汐留の台湾料理屋さんに行ってきました。

汐留シティセンタービルにある,「台湾担仔麺」というお店です。

ここは同じ名前のお店が何店舗かある,いわゆるチェーン店なのですが,料理の内容は台湾料理そのもの,という感じがして大好きです。

口コミなんかでは,おいしくないと言っている方もおられるようですが,おそらく,それは台湾料理に慣れていないだけではないかなと思います。

あ,ランチの時間は行ったことがないので,夜の時間の話になります。

特においしいのが三杯鶏(サンペイジー)。この料理は台湾ではなく,ここで知りました。本当に台湾の鶏肉料理はおいしいものが多いと思います。

また,定番の麻婆豆腐もおいしいです。

なぜか,野菜料理が高いので,上記の2品をおかわりしつつ,あとは小籠包や餃子などを食べ,あとは紹興酒を飲みまくるというのがおすすめです。

おっさん6人でビール飲んで紹興酒3本空けて,料理も腹一杯食べて,2万円行きませんでした。

費用対効果抜群です。

お近くの方は一度行かれる価値があると思います。

それにしても,このお店に行くと,よけい台湾に行きたくなります。


台湾ランキング

台湾旅行の予約

今のところ,海外旅行について,なかなかよい情報がありません。

ビジネスでの渡航については,前から言われていたとおり,タイ,ベトナム,オーストラリア,ニュージーランドから少しずつ認められるようです。

ただ,遊びで行く海外旅行については,全く情報がありません。

もちろん,すぐには無理だということは,私もわかっていますが,いつから大丈夫になるのか,という疑問に少しでも答えてもらえる情報があったらありがたいなと思うのです。

そんな海外旅行に行けないストレスを感じている私は,ちょこっと沖縄を往復してきました。

1泊だけで,観光地も行かず,ガラガラの空港とガラガラのゆいレールと,ガラガラのホテルだけ行ってきました。

一番安い部屋を予約していたのに,ホテルの部屋は最上階のツインにしてもらえました。

朝食のつかないプランだったはずなのに,朝食もつけてもらえました(これは,翌日朝一で帰るので食べられませんでした)。

実は,居酒屋も行きました。行った時点で,お客ゼロ。昔何度も行ったお店ですが,大将に聞いてみると,中国人が来なくなってから,暇でしかたがないとのこと。

全く密ではないということで,長居させてもらい,オリオンビール,泡盛(珊瑚礁)2合いただき,おつまみも数え切れないほどいただきました。

また,おじゃましたいお店です。

ということで,沖縄を往復しつつ,台湾に行ける日を待ち焦がれる日々です。

実は,9月以降,ダメもとで,7回ほど,台湾旅行のフライトを予約していたりします(汗)


台湾ランキング

日本が入国制限緩和第1弾を検討

日本が一部の国に入国制限を緩和することを検討しているとのニュースがありました。

まだまだ新型コロナウイルスの新規感染者は、減ったとはいえ、ゼロになるのは簡単ではないようですが、このようなニュースが出ました。

入国制限緩和を検討している国は、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドとか。

問題は、ここに台湾が入っていないことです。

そして、台湾当局は、日本対して、この入国制限緩和第1弾に台湾を加えるように要求しているとのことです。

台湾の現状を考えれば、当然台湾も入国制限緩和第1弾に入っていいはずですよね。

ちなにみ、中国と韓国も日本に対し、入国制限緩和を求めているそうですが、日本は、第1弾に含める意向はないようです。

とすると、台湾は実績的には入国制限緩和第1弾に入っていいはずなのに、日本が中国に気をつかって、ここに入れない、ということになりそうな気がします。

台湾をこの第1弾に入れない理由はないと思うのですが、はたしてどのような決断が出るのでしょうか。


台湾ランキング

次回、台湾に行けるのは今年の10月?

今日、台湾に関係するニュースを検索していたら、いいものを見つけました。

「台湾、10月から国際観光を段階的に開放へ」

まだ、確定的なものではないでしょうし、「段階的に」と記載されているので、最初に日本からの渡航が許されるのかどうかもわかりませんが、希望の光を感じる記事です。

台湾は、新型コロナウイルスの感染拡大防止には成功しましたが、そのかわり、当然のことではありますが、観光業が大打撃を受けています。

台湾在住の友人からの話では、早く日本の感染が終息してくれないか、心待ちにしてくれている、とのことです。つまり、日本からの観光客を早く受け入れることができるように、日本もがんばってほしい、ということだと思います。

今の流れが続けば、日本の緊急事態宣言は、すべての地域で5月末で終了し、徐々に経済を回していくことになると思います。

今も、大臣や、各都道府県の知事が、ずっと都道府県をまたいだ移動の自粛を求めているおかげで、航空業界やJRなどが大打撃を受けており、日本を支える企業がどうにかなってしまいます。都道府県をまたいだ移動がいけないのではなく、あくまでも人が密になることがいけないはずで、例えば、自宅と別荘がある人が、車で移動するときに県境をまたいでも、何も悪いことはないはずです。また、飛行機も、密になることはほぼないと思います。

そういうわけで、できるところから始めていく、という意味で、飛行機の国内線あたりは、どんどん戻していくべきだと考えています。実際、7月には、普通に運航してよいのではないかという気がしています。

私自身も、密な場所に行くつもりはありませんが、飛行機にはそろそろ積極的に乗りたいと思っています。

タイ国際航空がおかしくなるくらいですから、このままでは日本のJALとANAも安泰ではいられないでしょう。

微力ながら、運賃を払っていきたいと思っています。

また、今後秋に向けて、JALのJGC修行をすることも検討しています。

ANAのダイヤモンド維持が今年は確実になっていますので、沖縄の離島への航路を取り仕切っている、JALについても、最低限のステイタスをとっておきたくなったのです。

そして、それが取れれば、台湾にひとりで行く場合など、便の選択肢が増えるということにもなります。

今年の秋は、青組→紫組です・・・


台湾ランキング